Doorkeeper

VTuberハッカソン2019 沖縄大会

2019-11-09(土)09:00 - 2019-11-10(日)19:30

琉球大学工学部地域創生総合研究棟(新棟)508教室

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

一般参加 無料
一般参加 600円 会場払い

詳細

VTuberハッカソン 2019 沖縄大会

みんなで一緒にバーチャルなキャラクターに命を吹き込んでYouTubeで配信しよう──!

2018年8月から11月にかけて全国15地方大会+決勝となるプレミアム大会という合計16回の VTuberハッカソンを開催し、413名が参加、93チームが VTuberとしてデビューしました。

そんなVtuberハッカソンが今年も沖縄で開催されます!!

ハッカソンとは、「ハック」と「マラソン」を組み合わせた造語で、いくつかのチームに分かれてメンバーが目的に向かってアイデアを出し合い、実際にその場で開発して短期間でコンテンツをつくるというお祭りになります。

今年はVtuberコンテンツの制作だけでなく、コンテンツ制作、ご当地VTuber、システム開発という 3部門を開催します。

各部門紹介

VTuberコンテンツ制作部門

VTuberコンテンツ自体を競う部門です。以下の条件でハッカソン時間中に VTuberコンテンツを制作していただきます。

  • CGキャラクターを制作する(あるいは制作済みのキャラクターを持ち込む)
  • 1分30秒以上 5分以下の番組構成を考える
  • 振り付けや声を入れる
  • オープニング画面やクロージング画面を制作する
  • 必要に応じて字幕を入れる
  • YouTubeに投稿する

どんな見た目や性格の3Dアバターに、どんなことをさせたらユーザーの心に突き刺さるキャラクターになるのか。もちろんキャラは人でも動物でもOKですし、性別も問いません。

なお、成果発表時には「VTuberの紹介、コンテンツ概要の紹介、公開しているYouTubeチャンネル名、使用している技術やデバイスなどを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。

※2018年度に決勝進出チームに所属していたメンバーが過半数を超える場合、そのチームはエキシビジョン参加扱いとします。

ご当地 VTuberコンテンツ制作部門

VTuberとして地元の名産品や地元商店街、地元の観光地や観光名所などを紹介して国内旅行者や海外からのインバウンド需要を喚起することを目的とした VTuberコンテンツを競う部門です。以下の条件でハッカソン時間中にご当地 VTuberコンテンツを制作していただきます。

  • ご当地 VTuberキャラクターを制作する(あるいはご当地から許諾を受けて借りる)
  • ご当地の名産品や商店街、観光地、観光名所を紹介する
  • 1分30秒以上 5分以下の番組構成を考える
  • 振り付けや声を入れる
  • オープニング画面やクロージング画面を制作する
  • 必要に応じて字幕を入れる
  • YouTubeに投稿する

なお、成果発表時には「ご当地の何をどう紹介するのかを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。
また、特定店舗の名産品や商店街や観光名所などの映像化にあたって許諾が必要な場合は、正当な手段で許諾を得ていることをプレゼン時に発表していただきます。
ご当地の地方公共団体や公益経済団体と連携してご当地コンテンツの制作を行う場合、連携あるいは推薦を受けていることをプレゼン時のスライドにその証憑と共に含めてください。

VTuberシステム開発部門

VTuberのキャラクター制作、VTuberとしての操演、VTuberコンテンツのオーサリング、VTuberコンテンツの配信、VTuberのマネタイズ、VTuberの宣伝活動など、VTuberとして活動するために必要となるシステム自体を競う部門です。
以下の条件でハッカソン時間中に VTuberシステムを制作していただきます。

  • 未発表のシステムであること
  • VTuberのためのシステムであること
  • VTuberのためのシステムであることを図解とデモでプレゼンできること
  • 成果発表時にデモとして正常に稼働すること
  • ハッカソン終了後にも稼働できる耐久性があること

なお、成果発表時には「システムの用途、使い方、システムの新規性、独自性、VTuberにどう役立つのか、活用提案などを図解を用いたスライドを制作した上でプレゼン」していただきます。

開催概要

日時

2019年11月9日(土)9:00 ~
2018年11月10日(日)19:30

会場

琉球大学工学部地域創生総合研究棟(新棟)508教室,501教室,502教室

参加費について

今回のVtuberハッカソンでは貸出機材の送料がかかっております。参加費を取ることも考えましたが、前回同様チャリティとすることにしました。
ハッカソン終了時に集金を行いますので、いくらかお支払いいただけると大変助かります。

また、チケットにある会場払い600円は一律で0円となります。

こんな方に参加してほしい!

  • Youtuber
  • プログラマー
  • プランナー
  • 声優
  • グラフィッカー(2D/3D)
  • VRエンジニア
  • サウンドエンジニア
  • 動画編集者
  • 学生/社会人
  • プロ/アマチュア

ルール

  • 1人以上のチームを編成する(当日にチームビルド、もしくは事前に編成したチームでの参加)
  • 番組内で使用するすべての素材の権利が問題ない状態にする
  • 公序良俗に反するコンテンツを開発しない
  • 各部門の重複エントリー可
  • 上記の各部門の条件を守ってコンテンツ開発を行う

参加条件

  • 楽しく制作をしたい方
  • VR/AR/MRヘッドマウントディスプレイ類をお持ちでない方も参加可能です.
  • 事前に編成したチームでの参加も可能です.チームメンバー全員のお名前をチーム代表者様が参加登録する際のDoorkeeperのフォームに,メンバー全員のお名前をご記入下さい.

  • チーム参加の場合も,当日に編成するチームと公平を保つ為,当日から作業開始するようお願いします.

  • 18歳以上の方(18歳未満の方はお問い合わせください)

※事前アンケートでは制作に関する各スキルの経験量を予めご回答頂きます。当日チーム編成を希望される方はこちらのスキルセットを参考にチーム編成を行います。

最優秀賞:1作品
審査員による審査の結果,最も優秀と認められた作品に送られます.

最優秀チームには2019年12月に東京で開催されるプレミアム大会への出場権が授与されます.
※プレミアム大会参加に要する交通費・宿泊費・飲食費は参加者自身でご負担いただきます.
※賞は追加される可能があります。

ゲスト

常名 隆司

所属 : SVVR Japan Founder

現地審査員

佐橋直幸


所属 :あしびかんぱにー VTuber事業責任者・プロデューサー

バーチャル審査員

根間うい

審査基準

  • 完成度 : デモが可能かどうか、成果物をきちんとYouTubeにアップできているか
  • VTuber度 : VTuberという呼称のイメージに合っているか
  • 熱狂度 : 投稿作品が閲覧者の心をくすぐりそうか

タイムスケジュール

日付 時間 内容
1日目 9:00 開場・受付開始
09:30 グリーティング・ルール説明・会場案内
10:00 開発開始
17:00 企画発表・参加部門表明
22:00 開発一区切り(閉門しません)
2日目 10:00 集合(大体の目安として)
17:00 作業終了・プレゼン準備
17:30 成果発表会・動画投稿完了
18:00 審査結果発表・表彰式
18:30 交流会
19:30 完全撤収

注意事項

  • イベント中に発生した怪我や病気、物損事故については自己責任となります
  • 使用するソフトは予めイントールし、機材・ツール類は各自ご用意ください
  • 会場の環境については「会場設備」の欄をご参照ください
  • 貸し出し機器を借りる際は丁寧に細心の注意を払ってお使いください
  • 会場や会場設備、貸し出し機器を破損した際は原状回復の実費をご負担いただきます

会場設備

  • 無線LAN
  • ホワイトシート
  • マーカー
  • 付箋
  • 貸出機材(下記リストを参照)

会場における注意事項

  • 大学構内は禁煙です
  • 会場内での飲食は可能ですが、飲酒は厳禁です

貸出機材

機材 個数
<Perception Neuronシリーズ> Perception Neuron 1.0 4セット
Perception Neuron Pro 1セット
facerigカメラキット 1セット
<VRレディPC> 4台
<モーションキャプチャーデバイス> HTC VIVE 1セット
VIVEトラッカー 4個
<HDMIキャプチャー> AVerMedia Live Gamer EXTREME GC550 1セット
<音響機材> ダイナミックマイク FIFINE USB コンデンサーマイク K669B 1本
コンデンサーマイク SONY ECM-PCV80U 1本
ピンマイク OLYMPUS ME52W 2セット
ヤマハ AG03 - ウェブキャスティングミキサー 1台
Sound Blaster USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2 1台
<カメラ> Insta 360 one 1台
GoPro HERO 6 1台
  • 貸出機材は変更になる可能性があります
  • 個人での機材持ち込みも可能です

見学について

ご自由にどうぞ。事前登録などはありません。

主催

IGDA琉球大学

総合主催

PANORA(株式会社パノラプロ)
SVVR Japan

スポンサー募集中!!

各種協賛(機材貸与、データ貸与、飲食提供、ノベルティグッズ提供、等)、は大歓迎です!お気軽にご相談下さい! 本ハッカソンのみで利用できる3Dデータ、360度動画、音声等の提供もありましたらご連絡下さい。スポンサーとして社名等をご紹介いたします。

スポンサー

沖縄会場イベントページはオープンソースコミュニティを支援する YassLab が提供しております.詳細はコミュニティ運営者向け Doorkeeper スポンサー資料をご参照ください.

YassLab

問い合わせ先

ご不明な点やご要望がありましたらご連絡ください。

IGDA 琉球大学
E-mail : igda.ryukyus[at]gmail.com

Slack招待リンク
(https://join.slack.com/t/igdaryukyu/shared_invite/enQtODIwMDkwNjg4NTc3LTQwNTlmMGNiY2U4MTAwZjhmZGY1OGY3NzAyMzZiNGZkNTY2NmYyNWMzZjEwMGIyMDJiNTk2ZDJlYzcyYzZjM2I)

コミュニティについて

IGDA琉球大学(琉ゲ部)

IGDA琉球大学(琉ゲ部)

IGDA 琉球大学(琉ゲ部)公式ページ http://igda.cr.ie.u-ryukyu.ac.jp/ githubページ https://github.com/IGDARyukyus 琉ゲ部のイベントを公開します。

メンバーになる